レビトラ体験談

レビトラの経緯

 

 

レビトラLevitraは2003年にドイツのバイエル社から発売され2004年に正式に日本で認可された世界で2番目にできたED治療薬です。

 

日本では、レビトラ5mgと10mgと20mgが認可となりました。

 

レビトラはバイアグラを更に改良して使いやすくなったものです。バイアグラが服用後1時間ぐらいで効果が出始めるのに対して、レビトラは15分から30分で効果が出始めます。バイアグラは空腹時でないと効果が出ませんが、レビトラは食事の影響をあまり受けません。

 

効果の時間もバイアグラが3〜4時間に対してレビトラ(20mg)は8〜10時間と長くなっています。

 

現在日本で認可されているED治療薬で一番強力な勃起力を得られるのは、レビトラ20mgとなります。

 

 

私のレビトラ体験談

 

すでにバイアグラの50mgは経験していたので、もっと効果の強いものをと思いバイアグラの100mgに相当するレビトラ20mgを試してみました。

 

レビトラは早い人だと15分で効果が出る人もいるとの事で、彼女とホテルに行く直前に服用しました。

 

レビトラは、食事にあまり影響されないのですが、空腹時に服用した方がやはり効き目が高くなりますので今回も空腹です。

 

ホテルに入り、彼女がトイレに行ったのですがそのトイレをしている音が聞こえると驚いた事にすでに勃起が始まっていました。

 

レビトラは強力で、その後ベットインまで勃起したままです。いざベットに入ると今まで見たこともないようなそそり立つ勃起状態のものがそこにありました。

 

その後、一回戦目は、ガチガチの勃起状態のままで気持ち良く性行為をすることができすごく感激したのを今でも忘れません。

 

レビトラは人により顔の火照りや頭痛、鼻づまりなどがでるようですが、私は何も副作用は出ませんでした。又レビトラはバイアグラに比べて副作用の少ないED治療薬となっています。

 

副作用が出る方はほんの一部の方と考えていいようです。

 

暫くゆっくりして、彼女と2回戦目を始めました。一度射精して小さくなった状態からあっと言う間に勃起してきてくれる感覚は最高です。若い時に戻ったようです。

 

ED治療薬全体に言える事なのですが、薬を使用して勃起した場合には、性的刺激に鈍くなります。その結果2回戦目ぐらいからいくら腰を振っても射精まで行くのは困難になってきます。

 

今ここで読んでいてもその感覚はよくわからないと思いますが、使用したらすぐにこの意味が理解できます。

 

けど、2回目も彼女を気持ちよくできるんならそれでいいじゃんと思う方もいるかも知れませんが、やはり自分も射精したいものです。

 

ここで秘密のテクニックを教えます!

 

十分彼女も満足した様子になったら、頭の中で射精しそうな感覚を集中して想像するのです。直接的な刺激には鈍くなっていますが精神的な刺激がこれをカバーして射精できる様になります。

 

これもよくわからない人がいると思いますが、その時になればよく理解できます。

 

レビトラの場合、効果もバイアグラに比べて長いので、その後も少しの性的刺激を与えるだけですぐに勃起しますので、おそらく体力のある方でしたら平気で5回ぐらいはできてしまうと思います。

 

また、後日の話ですがED治療薬を使用するとおしっこの出がよくなります。 普段は腹筋に力を入れてもゆっくりしか出てこなかったおしっこがまるで若いときの様に一騎に出てくれます。 おそらく前立腺肥大のある人には何かの効果が出ているものだと思います。

 

※ED治療も大切ですが、万が一の性病の検査も匿名でしておきましょう。

 

男性用性病検査キット

 

実際にレビトラを見てみましょう。

 

レビトラの効果

 

レビトラは、バイアグラの欠点を補強した形で作られました。

 

効果が出るまでバイアグラは1時間ですがレビトラは15分〜30分です。

 

バイアグラは空腹時でないと効果が出ませんが、レビトラは食事の影響をあまり受けません。

 

効果の継続時間はバイアグラが3〜4時間に対してレビトラ(20mg)は8〜10時間と長くなっています。

 

レビトラは食事の影響はあまり受けないとなっていますが、私の経験では空腹時に服用した方が確実に効果が上がります。

 

レビトラ10mgでバイアグラ50mgと相応の効果が得られると言われていますので、現状ではレビトラ20mgが日本で許可されているED治療薬の中で一番勃起力の強い薬と言えます。

 

主な副作用として、

 

頭痛、ほてり、鼻閉、動悸、消化不良、めまいなどが報告されています。

 

レビトラは、バイアグラ、シアリスに比べ併用禁忌の薬が多いので注意が必要です。
また、グレープフルーツ(ジュースも含む)を摂取した後、レビトラを服用すると効果が急激に上がり危険です。

 

ED治療薬全体に言える事なのですが、1日(24時間)に1回の服用を守ってください。

 

下記にあてはまる方はレビトラを飲んではいけません。

 

■レビトラの禁忌事項

 

レビトラの効果を実際に体験してみて下さい。

 

レビトラの個人輸入

 

レビトラを医者で処方してもらうと、
10mg 1錠 1,500円(税込)
20mg 1錠 2,000円(税込)
プラス初診料など
となります。※初診料の部分は取る医者もあれば取らない医者もあるようです。

 

ED治療薬は日本では、一切保険が効きませんので全て実費になります。

 

ですので、効き目がわかって継続を考えたときにはかなりの高額な負担になります。

 

そこである程度経験を積んで来たら「個人輸入」や「ジェネリック」を考えてみてください。

 

★個人輸入

 

医薬品は自分自身の使用目的のために決められた量以内でしたら個人で輸入することが許可されています。ED治療薬の場合具体的には用法用量からみて1ヶ月分以内の量であれば輸入が許可されています。直接買う事になりますので、医者から買うより当然安く済みます。

 

■医薬品等の個人輸入について

 

ですが海外から個人で輸入するとなるとそれなりの知識が必要となりできませんので、その代行をしてくれる会社が多く存在し、そのような会社を個人輸入代行と呼んでいます。

 

★ジェネリック

 

まだED治療薬には特許が切れた商品はありませんので、通常ですとジェネリックはあり得ないのですが、現実は存在いたします。

 

それにはインドの特許に対する考え方が他の国と違う事が原因になっていますので下記をお読みください。

 

■インドの特許に関する特殊事情

 

レビトラのジェネリックですと、1錠数百円で買えるようになります。

 

ですが、上記で述べた個人輸入代行やバイアグラのジェネリックには偽物が多く出回っていて個人ではどれが本物かわからない状況です。

 

間違えて偽物を買ってしまうと、その薬の製造場所の衛生状態やその薬に何が入っているのか全く分からないものを服用することになり場合によっては命の危険もあります。

 

私が使用しているショップはこちらになります。